自動車ローンの利用は計画的に!

自動車ローン

自動車を購入するために多くの方が利用するのが自動車ローンと呼ばれるローンです。
自動車の購入に当たって、手持ちのお金では心もとない場合や足りない場合に利用するローンです。

もちろん新車に限らず中古車の購入でも利用できますし、車検や修理、運転免許証取得など自動車に関わる様々な場面で利用できる自動車ローンが存在します。

また、自動車ローンは自動車関連に用途が限定されていて、しかも、その購入した自動車自体が担保となる事が多いです。
その為に、一般的なローンよりも金利が低く設定されていることが多いです。

最近は自動車ローンを提供する会社も増え、購入者が自分で自動車ローンを選んで利用されることもあります。

「借り換え」と「繰り上げ返済」

さらに、自動車ローンの場合「借り換え」や「繰り上げ返済」も可能です。

より金利が低いローンに借り換えることで、その金利の差額だけ返済額を減らすことが出来ます。

また、繰り上げ返済を行うことにより、一括で予定していたよりも早めに返済することが可能です。
その早まった機関の分だけ支払う利息が少なくなります。

変動金利と固定金利

自動車ローンにも当然金利が発生しますが、主に変動金利と固定金利の2つのタイプがあります。

変動金利は景気に合わせて金利も変動するタイプで、もし市場金利が下がれば、購入した自動車のローンに掛かる金利も下がるというメリットがあります。
ただ、未来の景気を予測するのは専門家でもかなり難しいことなので、変動金利に設定するかは賭けみたいなところもあります。

固定金利は初めに決めた金利が返済まで変わらないタイプで、市場金利に影響されにくく返済プランを立てやすいというメリットがあります。
ただ、仮に市場金利が下がっても初期に設定した金利のまま返済を続けることになるので、固定金利よりも高い金利になる可能性もあります。

最後に

当然、ローンを利用するにはローン会社により審査が行われますが、
利用する側も賢く自動車ローンを利用することがポイントです。

ただ、気を付けないといけないのは、自動車ローンも借金です。
高額の借り入れを行うと返済が大変になります。
それに、収入には見合わない高額の自動車を購入すると、途中で支払えずに手放すなんてこともありえます。

必ず、無理のない額の自動車を購入して、計画的に借り入れを行うようにしましょう!

SNSでもご購読できます。