仕事・就職・転職

転職活動ではスマホの活用も大切です!

普段からスマートフォンをよく利用されている方は、ぜひ求人検索のアプリを利用して下さい。

スマートフォンで求人検索をおこなえれば、空いた時間に仕事を探すこともできますし、希望の求人が見つかればそのまま応募できます。

ただ、求人検索アプリによって機能がことなるので、インターネット上のレビューやまとめ記事などををチェックして、自分にあった物を利用するようにして下さい。
場合によっては複数のアプリを利用することもおすすめです。
その方が、求人検索アプリによって扱っている情報が異なるので、おすすめです。

また、履歴書は、自分の職歴やスキル、特技、資格などを全て記載することが大切です。
あなたのこれまでの経験を適切に伝えることで、人事担当者もあなたの能力を把握しやすくなり、採用される可能性が高くなります。

さらに、履歴書に貼り付ける写真もとても大切です。
履歴書に合った写真の撮影方法を適切にアドバイスしてくれるので、写真スタジオで撮影して貰うのが一番です。

現職の仕事を止めるタイミングですが、必ず新しい就職先が見つかってから退職するようにしましょう。

そうしないと、辞めてしまうと、新しい就職先が直ぐに見つからない場合に金銭的にも精神的にかなり辛くなります。
途中、焦りも出てきてしまい、適当なところで妥協してしまうこともあり得ます。

まずは仕事を止めてから転職活動を始めようとする人も意外に多いので、注意して下さい!

また、何かあった場合には、周囲の人に相談するようにして下さい。
転職活動は精神的にも追い詰められることがあるので、一人で悩まずに周囲を頼ることが大切です。

転職先を決める際に重要なのは、多くの求人情報の中から自分に合った求人を見つけることです。
その為に、いろいろな手段を使って求人情報を集めることが必要です。

一般には公開されずに、会員限定でのみ公開されている求人もあるので、
必ず一つの媒体だけではなく、求人検索アプリや求人掲示板、雑誌などを多くの媒体を利用して下さい。
場合によっては、ハローワークに行ってみるのも一つの手段です。

面接では、身だしなみを綺麗にして、明るくはきはきと話すことを心掛けて下さい。
同じ業界の会社だとどこ門多様な質問をされることになるので、予想できる質問とその回答は一覧にして、
頭の中に入れておくことも大切です。
そうすることで、面接途中に言葉に詰まることもなくなります。

それと、面接ではネガティブなことをいうのだけは絶対に避けて下さい。

最後に、転職での失敗を避けるために、リサーチはしっかりと行うことが大切です。
転職先の風土が合わなかったり、事前に聞いていたよりも待遇が悪かったり、残業が多かったり、といろいろな問題が発生する可能性があります。

とにかく転職できればいいというのではなく、入った後に苦労しないように、会社選びにはしっかりと時間を使って下さい!

転職には履歴書が大切

履歴書は、転職活動中のあなたを表す資料として、書類選考時から面接までずっとついてまわるものです。
その為、転職する際に転職活動を有利に進めるに、履歴書はしっかりと作り込心掛けましょう!

それでは、実際に転職するときの良い履歴書の書き方とはどのようなものなのか?
今回は、その点について記事を書いています。

まず、履歴書1枚目の日付ですが、必ず提出日の日付にします。
もし転職の面接に直接持って行く場合は、面接当日のに日付を記入しましょう。

年号は西暦か平成などの元号で統一します。
私も面接官をしたことがあります、こういった細かいところを気にする方も結構います。

一番最初に目に付く大事なポイントである氏名は、履歴書の中でも重要です。
氏名を書くときは、姓と名の間に空白を入れてバランス良く見やすく記載して下さい。

カタカナでフリガナと書いてある場合にはカタカナで、ひらがなでふりがなと書いてある場合にはひらがなで、フリガナを記入するのも常識です。

写真も履歴書に貼り付けることになりますが、
その写真のサイズは2.4×3cmか3×4cmが一般的だということです。

正面から撮影された上半身のみが写っている写真を使用し、必ず3ヶ月以内に撮影されたものを使用して下さい。
この写真を剥がれないようにしっかり糊付けして貼り付けて下さい。

また、万が一写真が履歴書から剥がれてしまった場合に備えて、
写真の裏にも自分の氏名と住所、電話番号を記入しておくといいです。

さらに、住所ですが、都道府県から丁寧に記入して、郵便番号も忘れずに書いておきましょう。
例えば、都内在住者だと、普段「東京都」を省いて住所を記入される方も多いですが、
履歴書の場合には必ず記載するようにして下さい。

電話番号は自宅だけではなく、緊急用として携帯番号も記載するのがおすすめです。

学歴と職歴は、履歴書の中で一番注目される箇所です。
高校までは卒業年月のみ記載して、大学からは入学した年月も記載するのが学歴欄の書き方の常識です。
また、大卒の方は学部や学歴等も必ず記載しましょう。

職歴は全ての会社の入社と退社を記載するようにします。
アルバイトであっても、職歴が長いものであったり、自分自身のアピールにつながるようなものは、記載するようにしましょう。

履歴書だけで全てが決まるわけではないですが、履歴書が適当だとその先に進むこともできません。
手間でもしっかりと作成するようにして下さい。

それと、パソコンでの履歴書作成でもOKとなっている場合には、パソコンで作成するようにして下さい。

ただ、指定が何もない場合には、パソコンで作成するか手書きで作成するかは、その業界や会社を見極めて判断して下さい。
例えば、ITに縁遠いような業界の会社であれば、昔ながらの風習の会社も多いので、「手書きが基本」と考えている方も意外に多いです。

転職活動のポイント

一般的に、転職先を決める際のポイントは、数ある求人の中から自分の理想に近い仕事を見つけることです。

自分の希望を叶えるためにも、あれやこれやを利用して求人広告をチェックしてみましょう。

中には公開されていない求人もあるので、複数の転職サイトやアプリに登録しておくと効率的です。

転職を成功させるためにも、自分のペースでじっくりと進めていきましょう。

Uターンを考えている場合、求人情報を得るのは簡単ではないかもしれません。

しかし、転職サイトを利用したり、転職をサポートしてくれるアプリをダウンロードしておけば、地元の求人情報をすぐに見つけることができますし、入力することもできます。

転職サイトを試したことがない人は要注意です。

まだ転職サイトを試したことがないという方は、雑誌やハローワークでは見つけられないような求人情報を探すことができます。

また、より有利な転職活動を展開するためのヒントも教えてくれます。

費用もかからないので、インターネットを利用できる人は、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

転職活動を成功させるための最良の方法の一つです。

転職活動に応募する際には、好印象を与えるための身だしなみや、歯切れの良い話し方ができる人かどうかを確認しておきましょう。

聞かれる可能性の高い質問は大抵同じなので、計画を立てて青写真を描き、歯切れの良い口調で答えましょう。

うまく説明できなかったり、印象が悪くなるようなフレーズは使わないようにしましょう。

胸を張って

就活を始めるのであれば、読み手にわかりやすいように職歴を記入しましょう。

過去にどんな仕事をしてきたのかを読み手に伝えることができれば、入社してすぐに活躍できるかどうかを人事が理解しやすくなり、採用につながります。

また、履歴書の写真は気にしない人が多いですが、時間はかかるものの、きちんとした場所で撮影してもらった方が良いでしょう。

履歴書に間違いがあった場合は、訂正せずにもう一度書き直しましょう。

転職の志望動機で大切なのは、意欲的でポジティブなものであることです。

より多くの成長につながる」「前職で培った経験やスキルが活かせる」など、ポジティブな志望動機をつけましょう。

その際には、志望する企業の特徴に合わせて、わかりやすく志望動機を述べるようにしましょう。

そのため、しっかりとリサーチをしておきましょう。