クレジットカードの審査に通るために注意すべきこと!

クレジットカード会社がカード発行前に審査をするのは、申請者の信用能力を見るためです。
申請者がいくら希望しても、審査に通らなければクレジットカードをその会社で発行して貰うことはできません。

クレジットカードの審査では、家族構成、勤務先、勤続年数、ローンの利用状況や返済状況、などをチェックします。
また、奨学金や携帯電話料金の返済状況も審査の対象になります。

審査で落とされると、その情報は「個人信用情報機関」に半年間は記録として残ります。
その為、一度どこかのクレジットカード会社の審査に落ちると、その後立て続けに別のクレジットカード会社に申し込みを行って通りにくくなります。

クレジットカードの申し込みを行う場合には、どのような基準で審査をしているのかもきちんと理解しておくことも大切です。
また、自分にとって使いやすいクレジットカードを吟味することも大事です。

特典などを目当てに従来のクレジットカードを解約しては新規発行を繰り返していると、審査で落ちやすくなります。

既に複数枚のクレジットカードを所有している場合も、審査に通りにくくなることがあります。
もし、使っていないクレジットカードをお持ちの場合には、その不要なカードを解約して、使っているカードのみを残すようにして下さい。

申し込み内容に書き間違いや虚偽の内容があると、審査で落ちてしまうこともあります。
書き間違いで、せっかく申し込んだ審査に落ちてしまうのも勿体ないです。

毎月一定の収入を得ていて、仕事が安定しており、家や車などの財産を所有していると審査に通りやすくなります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*