転職には履歴書が大切

履歴書は、転職活動中のあなたを表す資料として、書類選考時から面接までずっとついてまわるものです。
その為、転職する際に転職活動を有利に進めるに、履歴書はしっかりと作り込心掛けましょう!

それでは、実際に転職するときの良い履歴書の書き方とはどのようなものなのか?
今回は、その点について記事を書いています。

まず、履歴書1枚目の日付ですが、必ず提出日の日付にします。
もし転職の面接に直接持って行く場合は、面接当日のに日付を記入しましょう。

年号は西暦か平成などの元号で統一します。
私も面接官をしたことがあります、こういった細かいところを気にする方も結構います。

一番最初に目に付く大事なポイントである氏名は、履歴書の中でも重要です。
氏名を書くときは、姓と名の間に空白を入れてバランス良く見やすく記載して下さい。

カタカナでフリガナと書いてある場合にはカタカナで、ひらがなでふりがなと書いてある場合にはひらがなで、フリガナを記入するのも常識です。

写真も履歴書に貼り付けることになりますが、
その写真のサイズは2.4×3cmか3×4cmが一般的だということです。

正面から撮影された上半身のみが写っている写真を使用し、必ず3ヶ月以内に撮影されたものを使用して下さい。
この写真を剥がれないようにしっかり糊付けして貼り付けて下さい。

また、万が一写真が履歴書から剥がれてしまった場合に備えて、
写真の裏にも自分の氏名と住所、電話番号を記入しておくといいです。

さらに、住所ですが、都道府県から丁寧に記入して、郵便番号も忘れずに書いておきましょう。
例えば、都内在住者だと、普段「東京都」を省いて住所を記入される方も多いですが、
履歴書の場合には必ず記載するようにして下さい。

電話番号は自宅だけではなく、緊急用として携帯番号も記載するのがおすすめです。

学歴と職歴は、履歴書の中で一番注目される箇所です。
高校までは卒業年月のみ記載して、大学からは入学した年月も記載するのが学歴欄の書き方の常識です。
また、大卒の方は学部や学歴等も必ず記載しましょう。

職歴は全ての会社の入社と退社を記載するようにします。
アルバイトであっても、職歴が長いものであったり、自分自身のアピールにつながるようなものは、記載するようにしましょう。

履歴書だけで全てが決まるわけではないですが、履歴書が適当だとその先に進むこともできません。
手間でもしっかりと作成するようにして下さい。

それと、パソコンでの履歴書作成でもOKとなっている場合には、パソコンで作成するようにして下さい。

ただ、指定が何もない場合には、パソコンで作成するか手書きで作成するかは、その業界や会社を見極めて判断して下さい。
例えば、ITに縁遠いような業界の会社であれば、昔ながらの風習の会社も多いので、「手書きが基本」と考えている方も意外に多いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*